政策体系シート(2016)

理念

命命を守り、将来の安心な暮らしの実現

重点政策 ○防災・減災力の強化と災害に強い地域基盤の整備
○安心の医療と福祉の提供
○子育て支援の充実
○希望を持って自立を目指すセーフティネットの構築
2016年度重点テーマ 2016年度重点施策 活動の方向性 主な活動(議会での質問や提言) 主な活動(政務調査、視察等) 参考指標
安心安全な
社会づくり
○地震・津波対策
 アクションプログラム2013の
 着実な実行
  • 3年経過したことで全体計画の見直しをかけていくこととなるためフォローする
  • 地震・津波対策の充実強化
  • 活断層上の建築制限について
  • 女性自主防災隊活動視察
  • 徳島県の活断層上の建築制限条例の調査
  • 避難所運営訓練現地調査

○局地的豪雨や土砂災害など
 風水害対策の推進
  • 内水氾濫解消に向けても取り組む
  • 河川の氾濫から命を守る減災対策
  • 馬込川におけるタイムラインの策定について
  • 馬込川新河川整備計画策定作業
  • 馬込川H27豪雨被害復旧工事状況視察
  • 堀留川治水対策の調査

○交通安全対策の推進
  • 県職員の交通事故防止対策
  • 「千葉レポ」を応用した交通安全対策
  • ウンドアバウト試験導入モデル地域指定
  • 事故多発場所でのドライブレコーダー搭載車両の活用
  • ラウンドアバウト現地調査

人口減少・超高齢社会に相応しい社会保障体制の確立 ○子どもを生み、育てやすい社 会環境整備
  • 子育て支援を細分化して取り組む

○保育施設の充実

  • 子育て支援を細分化して取り組む
  • 認定こども園ヒアリング

○その他子育て支援
  • 子育て支援を細分化して取り組む
  • 児童虐待防止について
  • 里親家庭への育休の導入
 

○医療提供体制の確立
  • 医療介護を細分化して取り組む
 
  • 浜松医大視察

○介護制度の充実
  • 医療介護を細分化して取り組む
 
  • 介護士数等を新たに指標設定する

○地域医療・在宅介護の推進
  • 医療介護を細分化して取り組む
  • シェア金沢視察
 
誰もが安心して暮らせるセーフティネットの整備 ○障がい者施策
  • セーフティネット対策を細分化して取り組む
  • 障害者施設の安全対策
  • 障がい者の自立について
  • シェア金沢視察
  • 静岡県発達障害者支援センター「あいら」視察
  • 障がい者意識調査をから新たに指標設定する

○生活困窮者対策

  • 子どもの貧困対策、教育支援、生活支援、保護者の就労支援、経済的支援等を進めていく。
  • 子どもの居場所づくり
  • 子どもの貧困対策の推進
  • 生活困窮世帯の自立支援
  • 子どもの居場所づくり現地調査
  • 生活困窮者に関する指標を新たに設定する

○いじめ防止対策
  • チャイルドホットラインの実態調査
  • いじめ認知件数を指標設定する

条例制定 ○いじめ防止条例制定
  • 2016年度中の策定に向け、重点取り組みとして一丸となって進める。
  • パブリックコメントの実施
理念

「ものづくり」「ものづかい」日本一豊かな県

重点政策 ○企業が本県で事業展開しやすい産業育成の実現
○雇用の空洞化を防ぎ、就労人口を充実
○ものづくりの基盤を支える中小企業の経営を全力でサポート
○一次産業(農業・林業・水産業)の積極的な振興
○「人の力」「場の力」による観光振興の促進
2016年度重点テーマ 2016年度重点施策 活動の方向性 主な活動(議会での質問や提言) 主な活動(政務調査、視察等) 参考指標
地域経済対策と
雇用の創造
○農林水産業への支援
  • 世界にはばたく3つの挑戦」の一つと位置づけられている事から、積極的に取り組む。
  • 県産品のマーケティング戦略
  • 中間管理事業の強化
  • 静岡茶のブランディング戦略
  • 静岡抹茶の生産拡大の取り組み
  • 有害鳥獣対策として猟期の延長実現
  • 農機具バンクの創設
  • 愛知県あさりの漁業振興への取組視察
  • 富山県薬用植物指導センター視察

○新成長産業分野への支援
  • 起業・創業支援に取り組む
  • CNFを本県の成長産業として位置づけ
  • 航空関連産業の振興
  • 医療機器産業推進におけるスタンフォード大教授との連携
  • フラウンホーファー研究機構との連携
  • ファルマバレーセンターを会派で視察

○中小企業支援

  • 成長産業に関わる中小企業向けの販路拡大、需要の掘り起こしへの支援
  • 中小企業振興基本条例について
  • 金沢職人大学校視察
  • 工業用水道事業への財政支援のあり方研究
  • 地域企業の海外展開ヒアリング

○若者・女性・高齢者・障がい
 者の雇用創出
  • 高齢者の雇用推進
  • 富士市産業支援センター(f-biz)視察
  • ふじのくにカフェで若者との意見交換を実施

○生活者・働く者の視点に立っ
 た労働政策の推進
  • 公契約条例の制定に向け検討する
  • ワークライフバランスの推進に取り組む
  • 正規社員雇用増加に向けた取り組み
  • 連合政策研究集会への参加
  • 勤労者福祉共済会ヒアリング調査

観光立県として
憧れを集める
魅力の創出
○富士山をはじめとした
 貴重な資源の保全と活用
  • 世界遺産委員会からの要請
  • アウトドアスポーツを活用した観光振興
  • モンベル社との「フレンドエリア」協定締結準備。会長面談。同社の各種メニュー等を応用
  • 天浜線とウィラーグループとの協力体制の 構築
  • 経産省「おもてなし規格」のモデルとして浜松・浜名湖地域の認定実現
  • 浜名湖シンポジウムへの参加

○富士山静岡空港の路線充実
  • より効果的な空港運営の実現を目指し調査研究を継続する
  • アウトバウンド需要の把握
  • 台湾集集線と天浜線の相互送客協定締結
  • 静岡空港視察

○2020東京五輪・
 パラリンピック、
 2019ラグビーW杯を見すえ た観光施策の推進
  • 観光振興条例の趣旨を踏まえ取り組む
  • エコパ視察
  • 富士市役所ヒアリング
  • 海王丸パーク視察
  • 金沢21世紀美術館視察
  • 富山市ガラス美術館視察

条例制定

○茶の都しずおかづくりを推進
 する条例の検討

○地域文化の振興を応援する
 条例の検討
  • 年間スケジュールを立てて取り組む
  • 茶の消費促進のための条例
  • ロンドンとロサンゼルスにお茶に限った「ビジネスサポートデスク」設置
理念

人将来の日本を背負える人材の育成

重点政策 ○学校教育の環境を整備し、豊かな心を育成
○幼少期から一生涯を通じた人づくり、人支援の推進
○自然・文化・芸術に通じた人材育成の推進
2016年度重点テーマ 2016年度重点施策 活動の方向性 主な活動(議会での質問や提言) 主な活動(政務調査、視察等) 参考指標
教育環境の充実 ○必要な教職員の確保と
 適正配置
  • 教職員の多忙化解消プロジェクト
  • 特別免許状の授与
  • 政令市への教育事務移管に伴う対応
  • 35人学級完全実現のための加配増員
  • 学校訪問への参加(連合・教組)
  • 街頭宣伝活動への参加

○社会総がかりの教育の実現
  • 総合教育会議のフォローを行う
  • コミュニティスクールのモデル地域指定

次世代人材の育成 ○留学や海外体験の推進
  • 留学促進施策について調査研究する
  • グローバル人材育成について
  • 新モンゴル高と浜松開誠高の姉妹校提携
  • 大学コンソーシアムと海外大学との連携
  • 県立川根高校視察

条例制定 ○グローバル人材育成条例
 の検討
  • 年間スケジュールを立てて取り組む
理念

礎持続可能な静岡県の基礎づくり

重点政策 ○将来を見すえた行財政改革の推進
○議会の活性化の推進
2016年度重点テーマ 2016年度重点施策 活動の方向性 主な活動(議会での質問や提言) 主な活動(政務調査、視察等) 参考指標
行財政改革の推進 ○行政経営研修会の活用と
 最適なサービス提供体制の構 築
  • 今後の行財政改革の大きなテーマであり引き続き検討する
  • 下水道特会の公営企業会計への移行
  • 下水道事業計画の見直し
  • 賀茂地域の広域連携状況視察
  • 香川県広域水道企業団の調査
  • 群馬東部水道企業団の調査

<連携事業実績>
H28年度3事業 (賀茂地域での「連携協約」による)

○外郭団体の整理・統合の推進
  • 所管事務調査や決算分科会などでチェックする。
  • 静岡県労働福祉事業協会

○事業の見直し
  • 所管事務調査や決算審査において事業の必要性をチェックする。
  • 官民連携調査(掛川城の指定管理者制度)
  • 空港コンセッションの導入事例調査

○インフラを含めた
 資産経営の推進
  • 教職員住宅の今後の在り方
  • 水道施設更新マスタープランの作成状況
  • 水道広域化等の研究
  • 浜松市下水道コンセッションの調査
  • 公営住宅の民間連携事例調査(徳島県・大阪府)
  • 浜松市営住宅のPPP事例調査

議会の活性化 ○議会基本条例の制定
  • 議会運営等改善検討委員会での策定をめざす。
  • 自民以外は必要性を認めるも全会一致せず。今期制定は先送り(議会運営等改善検討委員会)
条例制定 ○財政の健全な運営に関する
 条例の検討
  • 年間スケジュールを立てて取り組む