議員紹介

小長井由雄

小長井 由雄

こながい      よしお

静岡市葵区/4期

プロフィール

昭和28年
10月21日生まれ
静岡市立大川小学校
静岡市立城内中学校
静岡県静岡東高校(7期 )
昭和53年
早稲田大学社会科学部卒業
平成元年
静岡市消防団37分団分団長
平成4年
大川地区連合町内会会長
藁科地域振興協議会委員
平成7年
静岡市議会議員(~平成15年)
厚生委員会委員長
農業委員会委員
静清中央卸売市場組合議会議員
環境審議会委員
平成23年
静岡県議会議員(4期)
日本ボーイスカウト静岡県連盟 顧問
静岡県行政書士会顧問
くらし・環境委員会委員長
平成26年
民主党静岡県第1区総支部長代行 兼組織委員長
選 挙 区 静岡市葵区
所属政党 民進党
趣  味 映画鑑賞・釣り
好きな食べ物 何でもおいしく食べます
座右の銘 以天下之目視、以天下之耳聴(民衆の声に聞き、民衆の心をもってわが心とする)
座右の書 永遠平和のために
連 絡 先 静岡市葵区日向305 電話054-291-2019
ホームページ http://www.konagai-yoshio.org
メ ー ル y-kon@xb4.so-net.ne.jp

元気な静岡「人・まち・未来」

メッセージ

元気な静岡を創る3つの誓い

おだやか・すこやかな「暮らし」を創る

●日々のくらしに「安心」と「安全」を。
食は生活の基本。食材、食品の安全性確保と食育の推進を図ります。また、予想される東海地震、風水害などの自然災害や感染症などの健康被害に備えた危機管理体制の強化と原子力発電所の安全対策の充実を求めます。さらに、自主防災組織と消防団、警察と地域の連携により地域防災力の強化と犯罪に強い、安全、安心して暮らせる環境をつくります。

●弱い立場の人を大切にする社会。
だれでもが尊重される社会を目指します。生きがい活動の促進など長寿者は健康にいきいきと暮らし、障害のある人も就労支援の充実などで自立と社会参加できる社会を目指します。また、健康づくりの推進とへき地医療支援など安心できる医療体制の充実を図ります。さらに、特定疾患に関する医療の確立、普及を図るなど難病対策の充実に取り組みます。

元気な「まち」、しずおかを創る

●産業を元気にし、安定した雇用をつくる。
安心して働ける環境の整備を進めます。雇用の確保、就業支援と中小零細企業・地域産業の振興や次世代産業の創出を支援するとともに、就業環境の整備を促進するなど、仕事と生活の調和お実現を目指します。また、賑わいのある商店街づくりを推進します。さらに、静岡茶の新たな需要の創出や耕作放棄地の再生利用、県産木材の使用拡大などで自立できる農林業の実現を図ります。

●快適で生活しやすい「まち」。
快適に安全に暮らせる生活基盤の整備されたまちづくりを進めます。慢性的な交通渋滞や危険な道路の解消を図り、人にも環境にも優しい次世代型路面電車などの新たな公共交通機関の導入を推進します。また役立つ情報をだれでも利活用できる情報通信ネットワークの整備やコンパクトで暮らしやすいまちづくりを目指します。さらに、過疎・中山間地地域の活性化に取り組みます。

美しい「未来」と「環境」を創る

●未来を担う子供たちを育む
未来を担う人材の育成は重要です。家庭教育や幼児教育の充実を図り、特別支援学校の教育環境の整備を推進します。また、保育サービスの提供や共働き世帯等の児童への放課後支援など、安心して子どもを生み育てられる環境整備を進めます。さらに、こどもたちが、豊かな人間性や社会性を持ち「人の痛みがわかる」人間に成長する教育の充実を目指します。

●美しい自然を守る。
森と水、豊かな自然環境を次世代に確実に引き継がなければなりません。森林整備の推進で水資源の確保と二酸化炭素吸収機能の向上とともに美しい景観の保全を図ります。また、温室効果ガスの排出削減や太陽光・風力・バイオマスなどの新エネルギー導入促進により低炭素・循環型社会を目指します。さらに、発生迎制、再使用、再利用の推進で廃棄物の減量化と適正処理を進めます。

由雄 これだけは言っておきたい!

少子高齢化が急速に進むなかで、この国を次世代に自信を持って引き渡すことができるようにしなければなりません。これから生まれてくる子供たちにまで、巨額の借金を残してはいけないと考えます。

由雄 アルバム

今、私たちに必要なこと(心)は、ひとり一人が自立する心、国や地域社会を考える心、家族や友人を大切にする心、他人を思いやる心、平和を愛する心を持つことだと思います。
私は、恵まれた自然と歴史・文化を大切にしながら、常に挑戦を続ける開拓の心をもって、静岡を「だれもが安心して安全に暮らせるやさしさ溢れるまち」として、日本の理想郷を実現するため、全力で県政に取り組んで参ります。