議会報告

平成27年12月定例会

一般質問 岡本 護 県議

(平成27年12月10日)

女性の農業分野における活躍促進について

女性が様々な分野で持てる力を発揮できることは本県の豊かな未来を切り拓くことにつながると思われる。農業就業人口は男女とも35,000人台であるが、女性の農業認定者は全体のわずか1.5パーセントだ。
国では「農業女子プロジェクト」を推進しているが、女性の農業分野での活躍をどのように進めるか伺う。

A

農業経営する女性は少数だが、この3年間で40人を数え、全体で1割を占めている。また農林大学の女子学生も今は3割を超えるまでになっている。
県は次世代の女性リーダーを育成するため、「つながる農業女子会」を開催するなど、ネットワークづくりに取り組んでいる。
6次産業化を支援するとともに、若手女性農業者のネットワークを県内全体に拡大する。

岡本護

岡本 護

おかもと まもる

[浜松市中区]