議会報告

平成27年12月定例会

一般質問 大石 哲司 県議

(平成27年12月7日)

「いのちを育む」魅力ある学校づくりについて

鎌倉市立図書館が、「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」とツイッターで呼びかけ、反響を呼びました。子どもの自殺が、最も多いのは九月一日です。楽しかった夏休みが終わって新学期が始まる。いやな学校に行くぐらいなら、死んでしまいたいと、思い詰めている子がどこかにいる。命より大切な学校など、あるはずはない。子どもたちが目を輝かせ、生き生きと過ごすことができる、魅力ある学校にしていく施策の展開を望む。

A

平成26年度から取り組んでいる「魅力ある学校づくり調査研究」事業で、子供たちに取って「心の居場所」「絆づくりの場」となるよう研究している。県内すべての公立小中学校にスクールカウンセラーを配置し、子どもが気軽に相談できるようにしている。今後も、子どもたちが夢と希望を持てる「魅力ある学校」にしていくよう努めていく。

大石 哲司

大石 哲司

おおいし てつじ

[浜松市東区]