議会報告

平成29年2月定例会

一般質問 三ツ谷 金秋 県議

(平成29年3月3日)

未来のエネルギーとしての水力の利用促進について

再生可能エネルギーの活用が期待されているが、中でも最も可能性の高く確実なエネルギーは「水」である。電力確保のため未来のエネルギーとしての水力の利用促進についての当局の所見を伺う。

A

本県は富士山や南アルプスを源とする豊富な水資源を有し県民の生活や産業を支えると共に、広く活用され、天竜川の佐久間ダム、大井川の畑薙第一ダムなど、わが国における大規模な水力発電の先進県となっている。県が管理する多目的ダムにおいても大規模な設備の追加をしない方法で下流域の河川環境を維持する放流水により、小水力発電の導入に取り組んでいく。

三ツ谷 金秋

三ツ谷 金秋

みつや かなあき

[磐田市]