議会報告

平成30年12月定例会

一般質問 廣田 直美 県議

(平成30年12月11日)

安定した財政運営

今後の財政運営において、収支が均衡した財政運営を目指すとしている。この目標を達成するためには、歳入の確保、歳出のスリム化に努め、歳出全体の15・7%を占める公債費 の縮減が必要だと考える。県債発行にどのように取り組んでいくのか所見を伺う。

A

低利かつ安定した県債の発行を追求している。平成初年日月には、地方債としては全国初米ドル等の外貨建て国内債を発行するなど、資金調達コストの縮減や金利変動リスクの抑制を図っている。
地方債市場のトップランナーとして、市場環境や投資家ニーズを踏まえた、低利かつ安定的な資金調達に努める。

廣田 直美

廣田 直美

ひろた なおみ

[函南町]