議会報告

平成30年12月定例会

一般質問 佐野 愛子 県議

(平成30年12月12日)

統合教育会議の方向性

総合教育会議は、県の教育の方向性を決定する制度である。「地域自立のための人づくり・学校づくり実践委員会」の提案を基にして審議か進んでいる。一部の優秀な子だけ でなく、すべての子どもが夢を実現することが出来ることに主眼を置いてほしい。 現在の県の課題を見据え、教育で出来ることを示唆し、現場に具体的施策を示すのが総合教育会議の役割であると考えるが、知事の見解を伺う。

A

教育現場の実態を知ることが大事で、これまでも多くの学校を訪問して声を受け止めてきた。教育現場の状況を十分に考慮し、県教委と意思疎通を図りながら、様々な課題の解決に向けた施策を具 現化していく。

佐野 愛子

佐野 愛子

さの あいこ

[藤枝市]