議会報告

平成30年12月定例会

一般質問 鈴木 智 県議

(平成30年12月12日)

静岡県立大学事務局の強化

職員の過半数を有期雇用の非正規職員が占め、正規職員においても3年程度で県庁に戻る派遣職員が4分の3を占めるなど、県立大の事務局体制は十分とは言えない。有期職員の雇い 止めルールの撤回と無期転換制度の導入、正規・非正規職員間の労働条件の格差是正などにより、事務局体制の強化を図るべきだが、県の考えを伺う。

A

5年を上限としていた有期一雇用職員の無期転換制度導入については、12月中に制度導入のための大学規定の改正を行なう。労働条件の格差是正については、職員全体の労働条件を見直 す中で改善を促す。また、プロパー職員の計画的な採用や民間企業経験者のさらなる活用等により、活力ある組織づくりに取り組んでいく。

鈴木 智

鈴木 智

すすき さとる

[静岡市駿河区]