議会報告

令和元年12月定例会

リニア中央新幹線整備に関する決議

(令和2年3月18日可決)

本  文

大井川の源流部にある南アルプスでトンネル工事を行うリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、流域8市2町の議会及び各種団体等から意見書並びに要望書が県に提出されている。
その求める主な内容は、1.水資源の全ての利用に影響を与えないこと、2.南アルプスのユネスコエコパーク登録に影響を与えないこと、3.流域住民の十分な理解を得ることである。これらはまさに、危機管理くらし環境委員会において調査し、協議を重ねてきた内容であり、流域住民の切実な声として重く受け止めるものである。
今後、同工区を巡り、国土交通省を交通整理役として、本県とJR東海との間で対話が行われることになるが、大井川の水資源等への影響を回避することを大前提として、流域住民の不安が解消されるよう、その声に真摯に耳を傾け、本県とJR東海との間で対話が尽くされることを希求する。
以上、決議する。